\東京&オンライン 無料説明会開催 /
◆ゆざわローカルアカデミー 第4弾◆
旅する編集者
地域の魅力を表現してみませんか?

「何か地域に貢献したいけど
何をしたらいいか。。。」


そんな方はぜひ
「旅する編集者」になって 
私たちと一緒に
地域の魅力を伝えてみませんか?
  

地域の旅に出て

写真で
映像で
レシピで
イラストで
文章で
 

まずはできることから
 みなさんの「やってみたい」で
魅力を表現してみませんか?



実際に移住して地域と繋がった
旅の案内人が
みなさんと地域をお繋ぎします。
地域のことを楽しんで学び合う
旅に出てみませんか?

1つでも当てはまる方は
楽しめるプログラムとなっています

  • 人と話すのが好き
  • 地域や地域の人たちに役立つことをしたい
  • 地域の人や事業者さんと関わりを持ちたい
  • 旅行ではなかなか知ることができない地域の深いところまで知りたい
  • 自分の可能性を拡げてみたい
  • 地域の人や事業者さんと関わりを持ちたい

プログラムに参加すると
こんなことが体験できます!

地域の人ととつながる♪

実際に地域のフィールドワークの旅に出て地域の人たちと関わり合い、つながろう!

地域の食を味わい、体験できる♪

実際に地域に訪れて地域の伝統野菜や特産品を食して、地域の人たちと一緒に交流して、観光では味わえない体験をしに行こう!

「やってみたい」を形にして地域の魅力を伝えよう

地域の魅力を「写真で表現してみたい」「動画で表現してみたい」「レシピを作って表現してみたい」などなど、形は何でもOK。
自分の「やってみたい」で最終セミナーのイベントで地域の魅力を表現してみよう!

実際に地域の魅力を伝えている方々から発表のフィードバックがもらえる♪

実際にイベントを開催して、みなさんの地域での気づきや発見の発表が、実際に地域の魅力を伝えているソトコト編集長や秋田に移住して「あそび」を通じて地域と関わっている代表から直接フィードバックがもらえる!

地域の食を味わい、体験できる♪

実際に地域に訪れて地域の伝統野菜や特産品を食して、地域の人たちと一緒に交流して、観光では味わえない体験をしに行こう!

今回訪れる地域はこちら!

熱くて「ほっと」なまち
秋田県湯沢市

「熱」資源が豊富なまち
「熱い」資源が豊富な湯沢市。
熱いお湯が噴き出る自然景観や温泉が豊富なまちとなっています。
「ホットな」食材が豊富なまち
「せり」や「ひろっこ」など雪国の伝統野菜をはじめ、お正月料理に使われる「ちょろぎ」や「いぶりがっこ」、その他発酵文化が盛んな「ホットな」食材が豊富なまちとなっています。
冬が「アツい」まち
超豪雪地帯とも言われ、大雪が降る地域。
大雪の中でも「かんじき」や「スノーシュー」など雪を活用して自然の楽しむアクティビティがあり、冬なのに「アツい」地域となっています。
人が「温かい」まち
地域の人たちで荒地から畑を作り農作物を作ったり、地域の人たちで地域資源を使って料理を作ったりなどして、イベントをおこなっている「熱い」思いを持った「温かい」人たちが集まった地域力のあるまちとなっています。
人が「温かい」まち
地域の人たちで荒地から畑を作り農作物を作ったり、地域の人たちで地域資源を使って料理を作ったりなどして、イベントをおこなっている「熱い」思いを持った「温かい」人たちが集まった地域力のあるまちとなっています。

ちなみに。。。
前回は事業者さんのインタビュー冊子を作りました!
(前回:オンライン開催のみ)

前回参加者の声

  • 大学生になってオンライン授業になった中不完全燃焼気味だったので、今回のような場所があってよかった。
    「ただいま」とか言える環境ができたことが嬉しい。
    同じ世代だけじゃなく、縦のつながりができたことも嬉しい。
    (20代女性)


  • 今回冊子を作れて良い思い出になった。実際にまだ訪れていないので、現地でみんなと会いたい。現地でもっと良いところをたくさん見つけたい。
    (40代男性)


  • まちなかを歩いているときに秋田やゆざわのものを探すようになった。行ったことがないのに、地域を好きになるのが先に来ている不思議な体験だった。今度現地に行ってみたい。
    (30代女性)


  • 冊子をつくることが初めてだったので緊張した。回を重ねるたびにわくわくして、良い経験だった。商品に触れたりすると事業者の方の顔が浮かぶし個々の中に湯沢がある。これからも情報交換していきたい。
    (40代女性)




今回はどんなプログラムか
興味ある方は

まずは無料説明会にご参加ください♪

プログラム講師紹介
(無料説明会登壇)

株式会社ソトコト・プラネット
事業ディレクター 嶋村 有加里

学生時代に欧米、アジア諸国への留学や国際協力NPOの運営に携わる。和歌山県田辺市の関係人口講座「たなコトアカデミー」への受講をきっかけに入社。事業ディレクターとして田辺市をはじめ、島根県、秋田県湯沢市、山形県小国町、山形県金山町の関係人口創出プロジェクトの企画、運営、広報を担当。趣味は吹奏楽。



ソトコトオンライン
https://sotokoto-online.jp


プログラム講師紹介
(最終発表イベント登壇)

株式会社ソトコト・プラネット
代表取締役 指出 一正

『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。
上智大学法学部国際関係法学科卒業。
雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。
島根県「しまコトアカデミー」メイン講師
山形県小国町「白い森サスティナブルデザインスクール」メイン講師、やまがたアルカディア観光局「ライク・ア・バードokitama」総合監修、山形県金山町「カネヤマノジカンデザインスクール」メイン講師、秋田県湯沢市「ゆざわローカルアカデミー」メイン講師などその他にも多くの地域で講師を行う。
経済産業省「2025年大阪・関西万博日本館」クリエイター。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。

 

ソトコトオンライン
https://sotokoto-online.jp


プログラム講師紹介
(無料説明会・最終発表イベント登壇)

ハバタク株式会社
代表取締役 丑田俊輔
シェアビレッジ株式会社 代表取締役
プラットフォームサービス株式会社 代表取締役

千代田区の公共施設をまちづくり拠点として再生する「ちよだプラットフォームスクウェア」、日本IBMの戦略コンサルティングチームを経て、2010年にハバタクを創業。
新しい学びのクリエイティブ集団として、国内外を舞台に様々な教育事業を展開。2014年より秋田県五城目町を拠点に、田舎発起業家を育む「ドチャベン」、古民家を舞台に地域をつなぐ「シェアビレッジ」、遊休施設を遊び場化する「ただのあそび場」、住民参加型の小学校建設「越える学校」支援、住民出資による温泉再生等を推進。

 

ハバタク株式会社
https://www.habataku.co.jp/


さらに!
東京現地開催の説明会

ご参加の方に特典!


過去参加者が
今回旅する地域
あつく「ほっと」なまちゆざわの
食材を使用して料理をご提供します!

ゆざわローカルアカデミー
過去参加者が湯沢市を食材で表現

ゆざわローカルアカデミー2期参加者
丸山 寛子
食をもっとアクティブに!

全国の農家さんと手を結び料理教室などを開催する料理家としても活動しながら日本の旬をバトンするというコンセプトでオリジナルブランド「KASANE」を立ち上げ。
 
ゆざわローカルアカデミーでは、豪雪被害を受けたりんご農家さんを少しでも助けたいという思いで、受講生と一緒にオリジナルクラフトビールを作るクラウドファンディングを実施し全国の方に『であいのはじまり』というりんごのクラフトビールをお届け。

無料説明会プログラム内容

  • オープニング
  • アイスブレイク
  • 講演
    ハバタク株式会社 代表取締役 
    丑田 俊輔氏
    「”あそび”からはじまる地域との関わり方」
  • 休憩
  • 講演
    ソトコト編集部 事業ディレクター 
    嶋村 有加里氏
    「地域の魅力の伝え方やゆざわとの関わり」など

  • ゆざわローカルアカデミー4期の講座説明
  • ーオンライン参加者の方はここで終了となりますー
  • 参加者交流会(東京のみ・特産品料理付き)
  • アイスブレイク

今回のプログラムの流れ

第1回目:10月上旬 オリエンテーション
(オンライン)
まずは参加者様同士の自己紹介とフィールドワークへ向けての説明・ワークショップをオンラインで行います。
第2回目:現地フィールドワーク
▼11月上旬▼
山と地域、生活の知恵を学ぶ旅
▼1月中旬▼
雪国の伝統的な食材と熱い事業者さんに出会う旅
    ※どちらかの参加になります。
森の主と呼ばれる自然と共生してきたガイドさん、地域の人たちが集まり力を合わせて作った食べ物、その他雪国の伝統野菜や伝統食材を作っている農家さんや事業者さんなど熱くて温かい人たちを訪れます。
※新型コロナ感染状況によっては、オンラインに切り替える場合がございます。
第3回目:2月3日(金)18:30〜
      発表イベント
実際にフィールドワークを経て地域の魅力を写真だったり、プレゼンだったり、イラストだったり。。。「やってみたいこと」で表現してみよう!
そのほか、ソトコト編集長の指出さんや秋田を拠点に地方創生を行っているハバタク代表の丑田さんからフィードバックをもらおう♪

今回
「ほっと」な地域の人とみなさんを
つなぐ現地の案内人は
湯沢市の移住女性起業家

旅のわツアー
代表 齋藤 あゆみ
1986年生まれ
秋田県にかほ市出身
高校時代まで人と話したり人と違ったことをするのが怖かったが、北海道の大学へ進学し、学生時代の留学経験やバックパッカー経験により人と出会い成長することの楽しみ、人との出会いを通して自身が成長することによって人の役に立てることを実感。
このような自身の経験から、人と人を繋ぎ新しい価値を旅を通じて提供したい!という思いで、地元秋田に戻ることを決意。
同じ秋田県だが、縁もゆかりもない秋田県湯沢市に2019年に湯沢市地域おこし協力隊として着任。2020年に「旅のわツアー」という旅行事業者を起業。
主に湯沢市で地域密着型のツアーやイベントの企画実施、観光事業の地域コーディネートを行う。


webサイト:
https://tabinowa.site/

まずはどんな内容なのか?
お気軽にご参加ください♪

  • Q
    説明会行ってみたいけど当日参加会場へ行くのが難しい
    A
    もちろん満18歳以上の方でしたら、参加大歓迎です。
    まずは説明会を聞いていただき、ご興味がございましたらお申し込み頂ければと思います。
    まずは少しでもご興味がございましたらお気軽に説明会にご参加ください。。
  • Q
    こちらのプログラムは大学生でも参加できますか?
    A
    もし、まん延防止や緊急事態宣言など出た場合は、オンライン開催などに切り替える場合がございます。
  • Q
    無料説明会に出た場合は必ずセミナーになりますか?
    A
    いいえ、必ずプログラムに参加する必要はございません。
    まずは説明会に参加してどのようなプログラムか、地域を知ってみたいという気軽な気持ちで参加して頂いて大丈夫です。お気軽にご参加ください。
  • Q
    こちらのプログラムは大学生でも参加できますか?
    A
    もし、まん延防止や緊急事態宣言など出た場合は、オンライン開催などに切り替える場合がございます。

新型コロナ感染症対策

  • 検温のご協力のお願い
    (当日、37.5度以上ある方はリアル参加をご遠慮願います)
  • 手指消毒のご協力のお願い
  • 会場内でのマスク着用のご協力のお願い
    (不織布マスク着用のご協力お願いいたします)
  • 会場内の定期的な換気
  • そのほか当日風邪症状がある方は、オンラインでのご参加をお願いいたします
  • 手指消毒のご協力のお願い

無料説明会詳細

無料説明会
募集定員
東京会場:20名
オンライン会場:30名
※参加対象は秋田県湯沢市在住以外の方となります※
料金
無料
人数に限りがありますので、多くの方々が参加できるよう当日参加できない場合は、必ずご連絡ださい。
開催日時
8月21日(日)16:00〜18:30予定
オンライン:16:00〜18:00予定
応募締切
8月19日(金)22:00迄
定員に達した場合は
上記日程にかかわらず締切となります

開催場所
【東京会場】
錦町ブンカイサン
 東京都千代田区神田錦町3丁目15番地
※下記地図をご参照ください
※新型コロナ感染状況によっては、オンライン開催となる場合がございます。

【オンライン】
zoom
開催前日までに
zoomURLを送付いたします
無料説明会流れ
オープニング
アイスブレイク
講演
ハバタク株式会社 丑田俊輔氏
「”あそび”からはじまる地域との関わり方」
ー休憩ー
講演
ソトコト編集部 嶋村有加里氏
「地域の魅力の伝え方やゆざわとの関わり」など
講座説明
ーオンライン終了ー
特産品を食しながら交流会
(現地参加者のみ)
応募締切
8月19日(金)22:00迄
定員に達した場合は
上記日程にかかわらず締切となります

無料説明会お申し込み

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
お申し込み完了画面が出て来ましたら、お申し込み完了となります。
ドメイン指定などしているとメールが届かない場合がございますので、
ドメインの解除をしてから送信お願いいたします。

無料説明会現地会場

場所 錦町ブンカイサン
住所  東京都千代田区神田錦町3丁目15番地

アクセス
都営三田線 神保町駅より徒歩約6分
JR神田駅より徒歩約13分

何かございましたら
下記までご連絡お願いいたします
旅のわツアー
TEL:080−9630−5492(平日9時〜18時)
Mail:info@tabinowa.site(24時間)
担当:齋藤


主催:秋田県湯沢市